土地選びによって変わる住宅の住み心地|戸建て購入虎の巻

介護特化の住宅

計算

埼玉県では、注文住宅を建設する方多くなっています。その理由の一つには、「東京に隣接する県だから」という点が挙げられるでしょう。元々埼玉は、東京のベッドタウンとして安定した需要がありました。都心部に住むと地価が高くなってしまいますが、あくまで周辺である埼玉なら、安い費用で済むことが出来るのです。また電車の利用により簡単に移動できるため、まさに活動の拠点としてぴったりな地域なのです。また、最近はそれに加えてオリンピックの開催が住宅建設に拍車をかけています。東京都心や周辺部は地価がかなり上昇してしまう可能性があるため、早いうちに買おうと考える方が増えているのです。埼玉の土地は住むためだけでなく、資産としての価値も高いと言えるでしょう。

しかし、ただ住む場所が欲しいのであれば建売住宅でも問題ありません。注文住宅は購入するまでにどうしても時間がかかってしまうため、好まない方も一定数いるのです。ではなぜ注文住宅が人気となっているのかと言うと、住宅介護をする方が多くなっていることが関係しています。高齢者を抱える世帯では、住宅の介護設備が欠かせません。しかし中古住宅や建売住宅の場合、介護設備が整っていない場合もあるのです。建売を購入しリフォームを行うよりは、注文住宅で最初から介護設備を設けたほうが安くなるケースが多いです。そのため現在では、注文住宅の購入で高齢者の住みやすい住宅を手に入れているのです。